意外!?女性も稼げる《引越アルバイト》のホンネ。

引越バイトは力仕事?梱包など意外と楽で高時給!女性の引越バイト求人も多いけど実際の評判は?

icon_title_pickup1.png女性に人気のバイト募集している会社多数!
引越しバイトだけじゃなく短期のアルバイトで人気があるのは「マイナビ」。

>>マイナビバイト(公式サイト)で探す!

掲載数はバイト情報サイトの中でトップクラスです。

 

お給料面は割がいい?

都心では時給が1,200円以上、田舎でも1,000円以上ですから、引越しのバイトは高時給の部類に入るお仕事です。パワフルワーク、ハードワークと呼ばれているために「大変な仕事だから時給が高いんでしょう?」と思われる方が多いのは当然のことです。

 

自分の体感による実際のところは、「大変な時は大変、でも一日ずっとそれが続くわけではない」というのが感想です。

 

一日の仕事内容は緩急ついており、他の仕事より差があると感じます。

 

大変だと予想される荷物の運搬も、それが作業時間の全てではないですし、梱包込みの作業でしたら体力に負担のない手作業も入るので、その時間は割合お得な気分になります。

 

また、移動時間は車両での移動のため体力的な負担もなく、作業員同士で談笑していたりする間も給料が発生するのはお得な感じですね。自分が所属していた支店は田舎にあったので、お客さん宅と事務所間の移動時間が一時間近く掛かる時もありました。
 

一時間近くドライバーの社員さんと音楽を聞きながら雑談する、でもその間も拘束時間なのでお給料は発生する、というのが不思議な時もありました。

 

 

自分が特にラッキーと思ったのは、まだ繁忙期に入る前に現場での作業が午前中に終わってしまって、事務所の雑務を頼まれた時です。これでは予定のお給料にならないからと気を使ってもらい、書類を順番通りに直したり事務所で洗濯上がりの作業着を干していました。

 

現場に比べると全然負担が違うので、地味でしたがお得感がありました。こういう場合は現場スタッフ、事務スタッフとしてそれぞれの時給で計算されはしましたが、あまりに早めに帰らされると稼げないので事務所の心遣いに感謝でした。

 

電話の受信や雑務といった業務外のイレギュラーも暇なときは入る場合があるので、頼まれたときは柔軟な対応を取るようにしたいですね。

 

地域柄や支店、繁忙期前とその最中などでも業務の緩急がつくので、
「引越バイト=完全なハードワーク」
と決めつけないことが大事だと思います。

 

デメリットよりもメリットを多く感じたので、自分は妥当ラインよりも割がいいという結論でした。

 

もちろん時給の高いか安いかの感じ方は個人差によるところもあるので、引越バイトをやろうか気になったら、「まずやってみる!」というチャレンジ精神が大事ですね。